金属切削加工とインタラクティブな要素を持つ画像

(著)G. インウッド2022年5月25日

(著)G. インウッド2022年5月25日

日本とドイツの金属切削加工の工作機械の輸出動向

インタラクティブな方法で業界研究

工作機械業界は、自動車、エンジニアリング、航空宇宙、エレクトロニクスの各分野における技術革新、生産性向上、経済成長に大きく貢献しています。この記事では、時系列の貿易統計を使用して、6種類の金属切削加工の工作機械の主要輸出国を調べます。また、同市場を支配する日本とドイツの競争関係についても検討します。その過程で次のインタラクティブなチャートを作成しました。

【この記事の使い方について】

この記事の内容との接し方はご自由です。図1と図2のインタラクティブな機能を活用すれば金属切削加工の工作機械業界における動向をある程度把握できるでしょう。また、ドイツと日本の工作機械業界に関心のある方は、図3と末尾の調査結果を確認することもお勧めします。

この記事全体は、工作機械業界向けの装置とシステムのサプライヤー、特に機械メーカーを対象にしたマーケティング担当の方にとって最も興味深いはずです。守備範囲が国内外のいずれにせよ、この記事が工作機械業界への更なる探求の踏み台となれば幸いです。

金属切削加工の工作機械の種類

金属切削加工の工作機械は、世界の工作機械生産の約75%を占めます。工作機械は切断または研削によって加工物から余分な材料を除去するために使用します。この種類の機械の代表的なものとしてマシニングセンタ、旋盤、ボール盤、研削盤、歯車切削盤などがあります。レーザー加工機、イオンビーム機、超音波加工機、放電加工機(EDM)、積層造形用3Dプリンタなどの特殊機械も通常、金属切削加工の工作機械に分類されます。

半面、世界の工作機械生産の残りの25%は、概ね板金機械と鍛造機からなる第二次金属加工機械が占めます。この種類の代表的な機械として、機械プレス、油圧プレス、せん断機、ベンディングマシンがあります。これらはスタンプやロール、曲げ加工などによって材料を完成した形状に成形します。

調査方法と範囲

表1に、この調査の対象となる6種類の金属切削加工の工作機械のHSコード[1]を列挙します。また、調査の対象期間は2010年から2020年までです。比較のために、米ドルの平均年間レートが適用されます。対象国は、中国(CHN)、日本(JPE)、ドイツ(DEU)、韓国(KOR)、イタリア(ITA)、米国(USA)、台湾(TWN)、スイス(CHE)、オーストリア(AUT)、スペイン(ESP)、インド(IND)で、2020年時点で上位11の工作機械生産国になっています。

表1:金属切削加工の工作機械関連HSコード
HSコード説明
8456特殊機械(EDM、レーザー加工機、3Dプリンターなど)
8457マシニングセンタ、トランスファーマシン[2]など
8458旋盤(ターニングセンタを含む)
8459ボール盤、中ぐり盤、フライス盤など
8460研削盤、ホーニング盤、バリ取り機など
8461歯切り盤、歯車仕上げ機械など
HSコード説明
8456特殊機械(EDM、レーザー加工機、3Dプリンターなど)
8457マシニングセンタ、トランスファーマシン[2]など
8458旋盤(ターニングセンタを含む)
8459ボール盤、中ぐり盤、フライス盤など
8460研削盤、ホーニング盤、バリ取り機など
8461歯切り盤、歯車仕上げ機械など
HSコード説明
8456特殊機械(EDM、レーザー加工機、3Dプリンターなど)
8457マシニングセンタ、トランスファーマシン[2]など
8458旋盤(ターニングセンタを含む)
8459ボール盤、中ぐり盤、フライス盤など
8460研削盤、ホーニング盤、バリ取り機など
8461歯切り盤、歯車仕上げ機械など

元のデータは、ドイツ工作機械工業会(VDW)の年次市場レポート「Market Report」で発表した工作機械生産統計です。この元データに、金属切削加工系が全体に占める比率を適用して本調査の金属切削加工の工作機械の生産データを生成しています。尚、適用する比率は、政府の生産調査、受注情報、貿易統計など、入手可能な最も関連性の高い統計から算出しています。

金属切削加工の工作機械の生産動向

金属切削加工の工作機械の利用者は世界中に散らばっていますが、生産は中国、日本、ドイツの3カ国に集中しています。合わせてこの3カ国が世界生産の約58%を占めます。更に、韓国、イタリア、米国、台湾、スイスの5カ国からなる第2のグループが約27%を占め、オーストリア、スペイン、インドの第3のグループが約3%を占めるため、上位11カ国が金属切削加工の工作機械生産のほぼ90%を占めることになります。図1はこの3つのグループの生産量をグラフにしたものです。実際のデータは表2を参照してください。

図1は、最初にグループ1の国(中国、日本、ドイツ)を表示しています。グラフの下にあるボタンのいずれかを選択して、表示されるグループが変更できます。表2では表示中のグループの実数データがハイライトされます。

中国は金属切削加工の工作機械の最大生産国です。しかし、その生産の大部分が国内で消費され、多くが低性能の設備です。外資系企業も中国で生産し、現地で外資系企業の工場に納めます。しかし、中国の工作機械需要の伸びは鈍化しており、外資系メーカーは賃金のより安いASEAN諸国に生産設備を移し始めています。

日本とドイツの生産レベルはほぼ同じで、両国は工作機械生産の大部分を輸出しています。例えば、2020年にドイツは生産の71.5%を輸出し、日本は61.9%を輸出しました。しかし、同年、ドイツは生産の21.7%に相当する金属切削加工の工作機械を輸入し、日本はわずか6.5%しか輸入していません。

工作機械業界は、経済見通しの変化や通貨の動き、地政学的な対立などにより、需要が内外急激に変動することがあります。しかし、技術習得の困難や長年の顧客関係などの参入障壁により、市場シェアに変化が生じることはめったにありません。例外はインドで、インドはまだ規模は小さいものの、自動車産業とエレクトロニクス産業の発展により、第2のグループに進む可能性を秘めています。

金属切削加工の工作機械の輸出動向

図2は、何よりも、日本とドイツの金属切削加工の工作機械の輸出における優勢を物語ります。ドイツは金属切削加工の工作機械の最大輸出国であり、全6種類の機械の輸出で1位もしくは2位を占めているのに対し、日本は2種類の機械の輸出で支配的な立場にあります。

図2は、最初に2010年のマシニングセンタの輸出入を表示しています。上部のボタンをクリックすれば別の種類の機械が選択できます。表1で紹介したHSコードごとにボタンを設けています。また、下部のスライダーを動かせば年を変えることができます。

図2の結果に基づいて金属切削加工の工作機械の輸出について次の動向が認められます。

表3は、日本とドイツの2020年の輸出実績をまとめたものです。

表3:日本とドイツの2020年の輸出実績
種類HSコード輸出総額DEU→世界JPN→世界
マシニングセンタ8457$63.38億27.5%31.6%
旋盤8458$41.45億19.1%28.0%
ボール盤8459$19.57億26.2%6.7%
研削盤8460$28.10億29.0%20.5%
歯切り盤8461$16.87億32.0%12.2%
特殊機械8456$49.96億19.2%17.7%
種類HSコード輸出総額DEU→世界JPN→世界
マシニングセンタ8457$63.38億27.5%31.6%
旋盤8458$41.45億19.1%28.0%
ボール盤8459$19.57億26.2%6.7%
研削盤8460$28.10億29.0%20.5%
歯切り盤8461$16.87億32.0%12.2%
特殊機械8456$49.96億19.2%17.7%
種類HSコード輸出総額DEU→世界JPN→世界
マシニングセンタ8457$63.38億27.5%31.6%
旋盤8458$41.45億19.1%28.0%
ボール盤8459$19.57億26.2%6.7%
研削盤8460$28.10億29.0%20.5%
歯切り盤8461$16.87億32.0%12.2%
特殊機械8456$49.96億19.2%17.7%
注:輸出総額は上位11生産国の合計

日本とドイツとの間の競争

日本とドイツは、高性能工作機械の最大生産国と最大輸出国として世間に認められています。この節では、日本とドイツの競争力を測る上で、互いの国内市場にどの程度浸透したかを見ていきます。図3は、ドイツと日本の全体の輸入と、2国間の輸入を示しています。2国間の実数データが表4にあります。

図3は、最初に日本とドイツのマシニングセンタの全体の輸入と、日本とドイツのマシニングセンタの2国間の輸入を表示しています。上部のボタンをクリックすれば別の種類の機械が選択できます。下部のラジオボタンを切り替えれば2国間だけのデータに絞り込めます。尚、表4では表示中の機械の種類の2国間の実数データが表示されます。
表4:日本とドイツの2国間のマシニングセンタの輸入[百万米ドル]
出典:貿易統計

図3の結果に基づいて金属切削加工の工作機械の日本とドイツの2国間輸入について次の動向が認められます。

表5では、2020年時点での日本とドイツの輸入に対する相互依存をまとめました。

表5:日本とドイツの2国間の輸入[2020年現在]
種類HSコード輸入総額DEU→JPNJPN→DEU
マシニングセンタ8457$127.0百万69.1%18.3%
旋盤8458$72.4百万1.7%19.8%
ボール盤8459$5.4百万28.6%0.7%
研削盤8460$17.1百万15.2%1.2%
歯切り盤8461$11.8百万16.9%2.0%
特殊機械8456$103.1百万31.9%12.2%
種類HSコード輸入総額DEU→JPNJPN→DEU
マシニングセンタ8457$127.0百万69.1%18.3%
旋盤8458$72.4百万1.7%19.8%
ボール盤8459$5.4百万28.6%0.7%
研削盤8460$17.1百万15.2%1.2%
歯切り盤8461$11.8百万16.9%2.0%
特殊機械8456$103.1百万31.9%12.2%
種類HSコード輸入総額DEU→JPNJPN→DEU
マシニングセンタ8457$127.0百万69.1%18.3%
旋盤8458$72.4百万1.7%19.8%
ボール盤8459$5.4百万28.6%0.7%
研削盤8460$17.1百万15.2%1.2%
歯切り盤8461$11.8百万16.9%2.0%
特殊機械8456$103.1百万31.9%12.2%
注:輸入総額は日本とドイツの2国間の合計

表5に照らして、ドイツと日本の金属切削加工の工作機械の技術競争力について、以下のように概括できます。

まとめ

日本とドイツは、工作機械の産業において異なる成長戦略を採用してきました。どちらも輸出本位ですが、日本は伝統的に参入しにくい市場とされており、内需のほとんどは国内生産によって賄われています。対照的に、ドイツは国内生産の大部分を輸出し、国内需要を満たすには国内生産と輸入品がともに重要な位置付けを占めます。この異なる戦略を実施した結果、日本はマシニングセンタと旋盤の輸出において世界を大きくリードするようになり、ドイツは全ての種類の機械の輸出において上手に立ち回って高成績を収めています。

注記

  1. HSコードとは世界共通で使われる輸出入する品目のための分類番号です。この調査の対象となるHSコードには予備品と付属品が含まれていません。
  2. 通常、10基以上の加工ステーションで複合加工を行うNC専用機の大規模なラインがトランスファーマシンと呼ばれています。